結婚したがらない男が増えている

スレッドを立てる際に大量のテンプレを貼るのは大変な作業になりますのでブログにまとめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

31

創価学会は今現在、男女の異性感情を刺激している一大イベントである結婚を餌として依ってしか
新規会員を獲得できないほどの末期症状にある様なのだ。
バツイチ氏のセフレ女も付き合い始めて暫くの間は創価学会の信者であることを隠していた。
情が出て別れ辛くなるまでは隠しておく、子供でも出来ようものならその女からはもう逃げられない。
その女信者は表彰ものであろう。これが奴等の手口なのだ。
何故結婚に拘るのか?それは奴等の活動主力は賤業だからである。

信者達を支持団体として政権与党に食い込ませ、TV、新聞、雑誌等の各種Mediaを牛耳り、
政界、財界、官僚、法曹界まで進出し、利権の怪物に膨れ上がった創価学会なのだが、
唯一思い通りの地図を描けない媒体があった。それが世界中を繋ぐInterNetなのだ。
近年著しいとされる若年層の学会離れを、創価学会はNetの影響に因るものが大きいと判断している。
中でも「2ちゃんねる」を創価学会が潰したくて堪らない程憎しみを抱いているのは有名な話だ。
奴等がNetを荒らす理由はそこにある。

だがまあ、さほど心配する事は無いだろう。現在の創価学会は深刻な会員数の激減に晒されているのだ。
現に創価学会が会員総数を公表しなくなって既に久しい。
奴等が必死になればなるほど創価学会の悪行が世間に知れ渡り、創価学会は深刻な状況になるのである。
だが、支持政党(事実上同一)である公明党が政権与党に居座る限り油断はできない。
皆さん、よく考えて投票しましょう。

そして、女に騙されて結婚などしてはいけません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。