結婚したがらない男が増えている

スレッドを立てる際に大量のテンプレを貼るのは大変な作業になりますのでブログにまとめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

結婚は不良債権

結婚は不良債権という言葉を、未婚の男はかなり重要視しておいたほうがいい。
要するに、妻という女の資産価値に関しては、冷静に計算しろということだ。

どういうことか?

男は金を稼いでいる。そもそも無収入では結婚できないし。
要するに、女から見れば男は資産価値を持つわけだ。不労所得をもたらすから。

ならば、女はどうか?

結婚後も労働を継続する女は、一応資産価値がある。
ただし、収入以上の消費をする女、出産後ある一定年数で職場復帰しない女は、
資産ではない。ただの負債である。

専業主婦はどうか。これも負債。収入を生まない消費するだけの存在だから。
ただし夫以外の不労所得を得ている兼業主婦は、資産。

資産と負債の区別は厳密につけるべきだ。
なぜなら、負債が大きくなると、より労働に縛り付けられるから。
つまりやりたくもない残業や休日出勤をしなければならなくなり、目の前の仕事を
片付けるだけで、人生の貴重な時間を使い果たし、しかも貯金が残らない。
つまり負債な女を安易に結婚で背負えば、男は使いつぶされるだけということ。

しかも女の価値は、結婚すれば下がる。年齢を重ねれば下がる。出産をすれば下がる。
つまり、女の価値は結婚したら後は下がる一方でしかない。
悲しいことだが、男が女と出会った時、それが女の価値としては最高な時なわけだ。

だから女に頼み込んで結婚してもらうというのが、いかにばかばかしいかわかるだろう?
結婚は、道楽なわけだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

人間の乱れた罪深き生々しい汚れた欲望。叶わない浮かれた希望。飴より甘い理想は、ただの理想。

結婚は男にとっては負債。女にとっては財産。ってのは良く理解する事が出来た。
一時の気の迷いで結婚した男は後悔の念で一生、悩まされ苦しみ続けると思う。信じられないのは誰のせい?言葉は巧みに騙され価値を見出だせず首くくり十三階段を選ぶ気持ちも判る。
見せ掛けの選択無き道ばかりを連れやって来る【太陽=悪魔の判決を迫る他者】。やがては全てを身体1つで受け止めさせられ孤独に答えを撃ち抜く。ただ独り答えを撃ち抜く。結婚に夢見て幸せに憧れてる奴は、現実から眼を背けるな!希望を捨てろ!現実を視ろよ現実を!って感じっすね。
きっと、そうゆう男は、さぞかしロマンチストな男です。
男にとって結婚はメリットが何1つすら無い。
自由から何から何まで全て奪われる悪魔の契約書にサインするのと同じ様な物事。言ってみれば連帯保証人と同じ。
地獄への階段の一歩を自ら踏み出している位置。
死んで償う事も必要だし家族の為に犠牲になり命の代償に身を滅ぼし、いわゆる身代金を妻子に捧げる=生命保険金すら体ごと渡す。見えない物への代償に自分を掛ける時も有るだろう。自分の全てを切り離して真っ当な心すら無理してでも強制的に支払う。
辻褄合わせの付き合いきれない一般論に祝福だろう。争い得たもの、それは自由なのか?夢の体温を感じ願う、閉じた瞳。
全てが捻曲がる
紅い闇の中
高々しく掲げた言葉は無惨にも他者の力によって無意味に無価値に操られては慟哭と共に空しい風と滅び去る。
この革命と一緒に皆、命を共にするんだ。

目の前は生きる意味が無い自虐的敗北者。 | URL | 2009年05月31日(Sun)08:30 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年02月20日(Sat)10:34 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。