結婚したがらない男が増えている

スレッドを立てる際に大量のテンプレを貼るのは大変な作業になりますのでブログにまとめました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[荒らしの分類]


1.「男の振りをした女」派
書き込みは基本的に男言葉である。男言葉ではあるものの、女であるが故にヒスでキレ易いので判断可能。
論理的な話はしないで感情的な話に終始する傾向がある。下ネタや風俗の話に嫌悪感を抱く。

2.「とりあえず叩くよ」派
嘲笑系のAAやコピペを多用。相手を見下して相対的に自分の階級を上げようとする。
自尊心を保ちたい人間に普遍的に見られる行動本能。
1と同レベルなのでスルー推奨。下手に論破すると逆切れしてコピペ連貼り荒らしを始める。

3.「かまって欲しい」派
2に近いが、構って欲しいのでコテハンやトリップをつけたがり馴れ合いたがるのが特徴。スルー推奨。

4. 恋愛教信者
「彼女欲しいんだろ?」「恋愛は良いよ」等、とにかく恋愛は良いものだという一方的な認識を
相手に押し付けるが、相手の思考などおかまいなし、信者を増やさんとする狂信者。
その中身は、ただの恋愛市場に踊らされた中身の無い人間、もしくは市場側の者である。
空気読めない、人の心わからない、押し付けがましい、粘着してしつこい、等、性格に欠陥あり。

5. 「自分の甘美な世界を守るよ」派
「俺の周りではそんな女は見た事ない」「おまえが駄目だからそんな女しか寄ってこないんだ」
「それはあり得ない」「それは極一部だ」等を言う。
統計(現実)を認めてしまうと「幸せな世界(理想、妄想)」が崩れてしまうから、意識的 or 無意識的に
攻撃して否定しようとする。早い話が都合が悪くなると現実逃避に走るということ。
非現実的な左巻き/フェミにもよく見られる思考である。

6. 「俺の女を攻撃するんじゃねぇよ」派
「そういうお前も女から生まれたうんぬん」、および1,2等。動機は2と近く、親近者を守ろうとする人間としての本能。
女から生まれたからといって女になるわけではないので、論理として破綻している。

スポンサーサイト

PageTop

30

そうそう創価学会的にも、女性はおいしい存在と言っておこう。

もともと創価学会は貧困層の互助組合的な役割で勢力を拡大してきた。
もちろん政治権力の奪取を目的に、政治家、官僚、警察、医学界、法曹界などなどにも
人材を送り込んできたわけだけどね。

だから貧困者救済と弱者救済は、共産党とためをはる上手さがある。

で、未婚で高年齢の女性、離婚して孤独になった女性、貧しい女性などは絶好の勧誘対象なわけ。
実際、そうやってはまった女性の話は、いくらでもあるよね。

まあ、マスゴミの笛に踊りまくった後は、創価学会の癒しを受けてくださいね、というわけ。

この国の女性は、踊っておいしく、踊れなくなってなお、おいしい存在である。
まさに都合良き日本の女ってやつね。

ああ、なんてすばらしいんでしょ、女の人生は。
反吐が出るぜw

PageTop

31

創価学会は今現在、男女の異性感情を刺激している一大イベントである結婚を餌として依ってしか
新規会員を獲得できないほどの末期症状にある様なのだ。
バツイチ氏のセフレ女も付き合い始めて暫くの間は創価学会の信者であることを隠していた。
情が出て別れ辛くなるまでは隠しておく、子供でも出来ようものならその女からはもう逃げられない。
その女信者は表彰ものであろう。これが奴等の手口なのだ。
何故結婚に拘るのか?それは奴等の活動主力は賤業だからである。

信者達を支持団体として政権与党に食い込ませ、TV、新聞、雑誌等の各種Mediaを牛耳り、
政界、財界、官僚、法曹界まで進出し、利権の怪物に膨れ上がった創価学会なのだが、
唯一思い通りの地図を描けない媒体があった。それが世界中を繋ぐInterNetなのだ。
近年著しいとされる若年層の学会離れを、創価学会はNetの影響に因るものが大きいと判断している。
中でも「2ちゃんねる」を創価学会が潰したくて堪らない程憎しみを抱いているのは有名な話だ。
奴等がNetを荒らす理由はそこにある。

だがまあ、さほど心配する事は無いだろう。現在の創価学会は深刻な会員数の激減に晒されているのだ。
現に創価学会が会員総数を公表しなくなって既に久しい。
奴等が必死になればなるほど創価学会の悪行が世間に知れ渡り、創価学会は深刻な状況になるのである。
だが、支持政党(事実上同一)である公明党が政権与党に居座る限り油断はできない。
皆さん、よく考えて投票しましょう。

そして、女に騙されて結婚などしてはいけません。

PageTop

32

創価学会は地区ごとにグループを作っている。
地区グループは更に腐人部、青年部、少年部、幼年部等(詳しくは忘れた)年齢層、
さらに男女によって細分化されている。

活動(布教、集票他)の主体となるのは、仕事に拘束されない賤業腐人部なのは言うまでも無い。

創価学会の活動についてはサークル活動に似ていて、本部から下達される年間の大まかな予定に
基づいて、グループ毎の自主性に任されている。

創価学会の荒らしなどは本部からの直接指令統制に依るものではなく、入信の際の「洗脳」によって
信者自らの「信心」に基づいて自発的に地区グループごとにゲリラ的に行われているのが実情です。
然し乍ら末端会員には「ネット禁止令」を出している建前上、創価学会正規の活動では無いのですね。

実際の組織的な工作活動は基幹会員(賤業のオバハン達だが)による地下活動の様相を呈している。
腐人部が主体の為、昼間は殆どが賤業主婦であるオバハンの書き込み。
夜間は奴隷信者などの突発的な書き込みもあるw
急に単発IDの荒らしが大量に出てきた場合はこのケースである事が多い。

因みにバツイチ氏のセフレ(創価信者)もネットで「俺女」をやっていたと白状したそうですw

PageTop

33

創価学会婦人部や喪女達の嫌っている事。
1・女性たたき
2・女性を差別する発言
3・女の結婚目的はお金であるという話題
4・専業主婦たたき
5・専業主婦に会社復帰やパートなどの働きを求める発言
6・非婚推進や男が結婚に消極的になる様な発言
7・結婚制度のデメリットを晒される
8・離婚時の夫側のデメリットを晒される
9・未婚既婚問わずキャリアウーマン等の自立して働く女性の話題
10・女性差別に繋がる様な話題
11・子供なし夫婦の推進、子作り否定の少子化へと繋がる話題
12・女が男日照りになる要因のトップである風俗の話題
13・結婚するよりも風俗の方が得であるという事実を暴露されること
14・男が非婚へと走る原因となるような話題
15・私生児差別を否定する発言、撤回しようとする発言や議論

PageTop

34

創価学会婦人部や喪女の荒らしの特徴。
1・創価学会ネタや喪女ネタに過剰反応
2・荒らし自身が創価学会員や喪女である事を必死に隠す
3・荒らしは女(同胞)ではないし女は此処に来ないと必死に否定
4・早朝から深夜まで交代制で粘着で単発荒らし厨も装い多人数に見せる
5・男は必ず結婚に興味があると信じて疑わないので興味が無い男や非婚主義は認めない
6・生身の女体よりダッチワイフ、エロゲー、アニメ等の2次元媒体好きは女のプライドが許さない
7・風俗へ行く男を極端に嫌い、行く男は金でしか女から相手にされないブサ男だと信じている
8・基本的にナルシストであり女脳でファシストで男は女より下劣な奴だと信じて疑わない
9・子供を残す事をしない奴は男女、不妊者も問わず絶対に認めない
10・このスレの男達は恋愛経験も無いし結婚も出来ない様な喪男だと信じて疑わない
11・男は社会貢献して女を養って当然と言うが負担が増えたり都合が悪いと女性差別だと言って逃げる
12・世間知らずな発言だが荒らし自身が世間知らずだとは絶対に認めない
13・身の周りのレアケースをさも常識の様に語る荒らしはそれが特殊例とは認めない
14・荒らしは都合が悪くなると論点をずらしたり歪曲解釈や話題そらしのごまかしが常套手段
15・如何にも病的でメンヘルな発言や屁理屈な発言をする傾向あり
16・精神病、キチガイ、病的、下等生物、エタ、非人、身障、不妊は人間じゃない等の差別発言好き
17・童貞、キモい、オヤジ、モテない、ブサ面、低学歴、低収入等、差別用語の自尊心煽りで悦に浸る
18・彼女も居ない、お前は結婚できない、精神が子供だ、等のコンプレックス系攻撃好き
19・単純な煽りコピペ、低レベル、キモい系発言にAA貼り、繰返し同じネタ使用で執拗な粘着攻撃
20・生涯独身だと老後は孤独死、入院時の保証人確保は?等、独身者の不安材料で危機感煽り
21・精神的に嫌になる言葉や殺人予告にとれる暴力的で過激な言葉好き
22・スレの住人を装い喧嘩を仕掛けて煽って住人の分断工作を行うのは常套手段
23・既婚者を装い気味の悪い幸せ日記や男を装った罵詈雑言のレスが好き
24・教団に都合良い現行制度を揺るがす事に拒否反応、差別保守好き(私生児差別の廃止等)
25・~では駄目だ~なのはおかしいと自分勝手な価値観を押し付ける(認定厨等)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。